ビギニングオブザコスモス

   

破綻の果てに利用できる融資の最終手段


生活保護を受けながら新規に融資を受けることは果たして可能なのでしょうか。
そもそも、借金を抱えている人間には生活保護を受けるのが難しい、という現状があります。

生活保護というのは税金で支払われるものですから、税金で借金を返済されては困るという事情がある以上、借金を抱えている人間が生活保護を受けるのは非常に難しくなるのですし、生活保護を受けている人間が融資を受けるのもまた同様に難しい、というわけです。

ソフト闇金は生活保護の融資の最終手段

債務整理と呼ばれる手続きをすませば、借金を抱えている人間が生活保護を受けることも可能ですが、当然ながら、ブラックリストには載ってしまいますから、生活保護を受けながら消費者金融などから新規で融資を受けるのは諦めたほうがよいでしょう。
それでも、生活苦というものがあり、どうしても金が必要である、という状況になったときに、新規で融資を受けられる手段がひとつあります。それは、ソフト闇金とよばれる融資です。
ソフト闇金は、生活保護を受けているために新規の融資を受けることが困難になっている人間にとっては、おそらくは、最終手段ともいえる方法であるでしょう。
ソフト闇金は、その融資の対象を一般の消費者金融では断られるような対象に絞って活動しています。

最後の贅沢や豪遊のためなら利用もあり

闇金よりも物腰が柔らか、というだけで、ソフト闇金というのは悪質な闇金とその実態はほぼ同じです。生活保護を受けるような人間であれば、ソフト闇金の金利を払うことさえも難しいと考えて、融資を希望するかどうかを考えたほうがよいでしょう。
係累がひとりもおらず、迷惑をかける相手がいない、という状況であれば、生活保護暮らしにおける最後の贅沢や豪遊をするために、ソフト金融の新規となるという選択肢もありかもしれませんね。
http://cafe-leonard.com/