ビギニングオブザコスモス

   

都合のいい関係をキープして管理するためのマジックワード


セフレ掲示板を使ってセックスフレンドを作っていると、合意の上でのセフレにだんだんと飽きてきます。自分だけがセックスフレンドだと考えていて相手は自分に恋愛しているという状態のままセックスフレンドをキープして管理するためには、セカンド彼女という言葉を使うとよいでしょう。セカンド彼女はセフレ候補の幅を広げます。

恋人とセックスフレンドを分けて考えている場合、交際関係がある状態でもセフレ掲示板などを利用してセックスフレンドを作ることになります。
セカンド彼女というのは、彼女がいる状態で作ったセックスフレンドに対して用いられる言葉です。

セックスフレンドを言いくるめるために開発された言葉

セックスフレンドという言葉がすでにあるにも関わらず、それと同じ対象を呼ぶためのセカンド彼女という別の言葉が開発され、使用されることには、もちろん、理由があります。
セカンド彼女という言葉は、セックスフレンドとしてのみ扱っている対象に対して、「あなたはセックスフレンドではないですよ」という嘘をつくための言葉として発明されたものです。
セックスフレンドというのは、「肉体関係のみ」で形成される人間関係ですが、「自分は肉体関係だけだが、相手は精神的な関係を求めている」という状態でセックスフレンドを作ることも可能です。

性処理道具として扱いたい対象を管理するための言葉

こういった「自分に対して恋愛感情を持っているセックスフレンド」をキープし、管理するにあたっては、「セックスフレンドであると思わせない」ということが必要かつ肝要であり、セカンド彼女という言葉はこういった状態のなかで有効に機能することになります。
セフレ掲示板を利用するにあたって、セカンド彼女という詭弁を使えるかどうかはセフレ候補の幅を広げることに繋がります。
合意のうえでのセフレ関係に飽きて、相手を精神的に支配しながら性処理だけをするというセフレ関係を求めはじめたのであれば、セカンド彼女という言葉を活用できるようになるに越したことはありません。
https://obatwasirambeienherbal.com/