ビギニングオブザコスモス

   

確実に収益を得るためのはじめの一歩を踏み出す


不動産投資をするうえで利回りというのは基本であり、物件購入のための基準ともなります。利回り計算をせずに不動産投資をするのは無謀であり、失敗の原因ともなります。かといって、利回り計算だけで収益が確定するわけでもないのが不動産投資というもので、物件購入において利回りだけを盲信するのも危険です。

不動産投資というものを考えているのであれば、利回りについて理解する必要があります。
利回りのことをまるでわからない状態で物件購入をし、不動産投資で何かしらの利益を得ようとするのは、あまりにも無謀であります。

利回り計算を知らない状態でする不動産投資は危険である

そもそも、「利回り」という言葉自体、投資に馴染みがなければあまりピンとこない言葉です。ですから、まずは、利回りという言葉が不動産投資においてどういうものなのかを知らなければなりません。
利回りというのは、物件購入という不動産投資のために費やした金額から収益がどの程度あるか、ということ「一年間の平均値」を指し示す数値のことです。
いくら安く物件購入をしても収益がなければ意味がありませんし、収益が赤字になるような高級物件を購入するのも考えものです。
利回りは「(利息合計/投資元本)/運用年数×100」で計算し、ここで出た数値が、物件購入の基準となっていきます。

不動産投資の最終的な利益は利回り計算だけではわからない

ここで注意しなければならないのは「利回りが高い=黒字」ではないということです。
不動産投資の初心者は、利回り計算の結果だけを見て物件購入に踏み切りますが、不動産投資は利回りの計算だけで収益が確実になるものではありません。
利回りが高くとも、空室リスクが高かったり家賃暴落の可能性があったり需要がない土地の物件であったり、建築物としての価値が落ち始めているタイミングのものだったりと、様々な要因で不動産投資は赤字になる危険性を秘めています。
参考サイト:https://fudousaninvestment.com
利回りの計算は基本であり基準ではあるのですが、それはあくまで「参考」でしかない、ということを忘れないようにしましょう。